何をやってもヒヨッコな、ひよこの気まぐれ日記です。アルプスが近くなったとゆーのに、子育て期に突入してしまいました・・・


by pole2hiyoko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:'06夏 南ア 荒川三山( 9 )

見ていると・・・

d0063060_2372095.jpg

これは南アルプスで見たシコタンソウですが、この写真を撮っている時、
ふと、「海の中のイソギンチャク」を思い出しました

山の花を見ながら、海の花を思い出すなんてちょっと変かもしれないけど(^^;

好きなんですよね~、こーいう花・・・
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-09-11 23:16 | '06夏 南ア 荒川三山
朝、富士山は見えない。

天気予報もよろしくない

・・・ので、当初予定の赤石岳、聖岳を諦めて、下山することにした

d0063060_17324034.jpg
5:50 荒川小屋発

展望はなし。

キバナシャクナゲ


d0063060_1735087.jpg
荒川小屋を出発すると、ガスがひどくなってきた

そして風も。
ザックが無かったら、吹き飛ばされてたかも。
まるで台風中継の場に居るかのよーだった(マジで)


d0063060_17362865.jpg

・・・そんな状態なので、ピントも合ってませんが、

ゴゼンタチバナ

ガスの中で小赤石岳(3081m)も素通り


d0063060_17373246.jpg
南アは水が豊富なんですね、ほんと。


d0063060_17383091.jpg
9:30 富士見平(2701m)

名前の通り、富士山がうっすら見えた

下り一辺倒かと思いきや、結構登るのね^^;


d0063060_17414671.jpg
赤石小屋を過ぎたころ、
登山道に赤色の石が目立ち始める

・・・だから、赤石岳・・・なのかなぁ。


d0063060_17454766.jpg
樹林帯を下ります

千枚小屋で買っておいた、
「1個30円」のキットカットが美味しい!

そーいえば、荒川小屋には”お菓子らしきもの”が売っていなかった
フルーツの缶詰めはあったけど。


d0063060_1748397.jpg

やっと、
キターーーー!!

12:55 椹島、到着!!!

おぉ~~~!下界だーーーー!!


d0063060_17511055.jpg
14:00 ここからバスに乗って、畑薙駐車場まで送ってもらいます

来る時とは違う新品のバスで、エアコンも良く効いていました
1時間、喋り倒してたのであっとゆう間だった

(そしてこれはまた、新たな登山の始まりでもあったのだ)
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-19 17:53 | '06夏 南ア 荒川三山
d0063060_22583391.jpg
12:20 荷物を投げていた分岐発

一気に荒川小屋へ!!

と思っていたら・・・・・


d0063060_2315581.jpg
またクロユリに出会うのね


d0063060_2324345.jpg
てゆーか、すごいお花畑!!

(私が撮るとこの有り様。感動が伝わらないのが悲しいが)


d0063060_2335453.jpg
ハクサンチドリも咲いてるし、


d0063060_2344568.jpg
フツウに下れば、10分か15分の道のりかもしれない

だけど、こんな一面のお花畑は見たことないかも!!

「すご~~い!」と呟きながらのんびり歩く


d0063060_2362842.jpg
あっ!
荒川小屋が見えてきた!!


d0063060_238579.jpg
こんな水の流れる音も、またイイ♪


d0063060_23101536.jpg
荒川前岳からの下りは、
主にハクサンイチゲの白、
シナノキンバイの黄、この2色にあとは↑の花や、その他の花たちのオンパレードでした

雑誌で見る以上に素晴らしいものだった


d0063060_23133417.jpg
13:30 荒川小屋着

テン場はたったの2張。

富士山のよく見えるポイントを教えてもらい、そこに設営。(←この時は見えてる)


コースタイム5時間そこそこのコースを7時間くらいかけて歩いた
う~~ん、こんな感じが楽しいかも。

夕飯にはカレーとお寿司。
お寿司は、熱湯で戻したアルファ米に「すし太郎」(お弁当用)を混ぜたもの。
これがめちゃ美味しい!
「酢」ってなかなか山で摂れないってことも手伝ってか?
次回からもこれは外せません!

20:00 明日の天気を気にしながらも、爆睡。


今日の出費 テント泊代 600円
      キットカット 240円(9個) ※1個、オマケしてくれた!
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-13 23:26 | '06夏 南ア 荒川三山
d0063060_19493539.jpg
悪沢岳から見た、荒川中岳、前岳。
これから目指すピークです


d0063060_1951197.jpg
10:00頃 悪沢岳発

イブキジャコウソウ

花があると楽しいなぁ~!

出発したあたりから、花たちが咲いているので、写真を撮りながら歩きます


d0063060_19534517.jpgタカネシオガマ
ピンクが濃い~~~
ま、眩し~~~ぃ

遠くに登山道から外れて花の写真を撮ってるオッサンが居た!
どんなにオトコマエであっても(見てないが)、こーゆう行為をするのは許せん!怒
そして登山道を外れたからといって、大した写真が撮れるわけでもない!(推測)



d0063060_1955499.jpg
定番?だけど、やっぱり撮っちゃう!笑

タカネツメクサ


d0063060_1956060.jpg
悪沢岳の下りから見た、荒川中岳への道。

なんだか雲が広がってきている・・・。


d0063060_19593648.jpg
この花を見つけた時はほんとーに嬉しかった!

ミヤマオダマキ

実際に見たのは初めてだったので。
写真はイマイチだけど、お許しを。薄むらさきが可憐です


d0063060_2012294.jpg
次に現れたのは、
ホソバトリカブトと、テガタチドリのお花畑

なかなか行程が進みません!


d0063060_204289.jpg
11:40頃 中岳避難小屋

避難小屋の近くにはクロユリの群落が!
滅多に見られない花って印象だったんですけど、見すぎてちょっと飽きちゃったかも?笑

ここでトイレを拝借しました


d0063060_2065560.jpg
12:00 荒川中岳(3083m)着

すでにガスで視界無し!泣


d0063060_20102038.jpg
12:15 荒川前岳(3068m)着
手前の分岐にザックを投げて、空身で登れる!

あまりに身軽になって嬉しくて頂上までダッシュしてみた。

・・・・・く、苦しい・・・・・。


d0063060_20132695.jpg
前岳頂上には、イワベンケイがたくさん咲いています

キレイだわ~~
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-12 20:15 | '06夏 南ア 荒川三山
d0063060_23491981.jpg
6:40 千枚小屋発

千枚小屋の料金表。
宿泊代は、北アよりも1000円くらい安いですね


d0063060_23511918.jpg
7:20頃 千枚岳手前
富士山!!!


d0063060_2352363.jpg
千枚岳まであと10分!


d0063060_23535910.jpg
赤石岳が見えてます!


d0063060_23553662.jpg
7:30頃 千枚岳到着!
すがすがしかったです
昨日までの天気がウソのよーに晴れ渡ってくれました
今回のメインはやっぱり荒川~赤石なので、昨日引き返したのは正解だったかな♪
休憩したり、水飲んだり、のんびりします


d0063060_00256.jpg
千枚頂上にイワベンケイが咲いていました
黄色とかオレンジ色って、なんだか見ていて元気の出る色だな~
(そんなことない?)


d0063060_014735.jpg
8:20頃 丸山(3032m)着
手前のピークが千枚岳
やっぱり富士山はデカイ!
家族には携帯から富士山の写メを送っておく


d0063060_062278.jpg
シコタンソウ
こーゆう類いの花は大好きです!ほんとに可愛らしい花でした!
荒川岳までの道中、けっこう目にします


d0063060_09144.jpg
9:30 悪沢岳(荒川東岳)3141m
かなりアヤシイ写真ですが、今回のメインに到着です!
空気が透き通っていて、富士山はもちろん、北ア・中アの山々の連なりが見えていました
この「悪沢岳」って名前がナントナクかっこいいし。
360度の展望でした♪


d0063060_014995.jpg
こっちは塩見岳。
いつか行ってみたいですね~(もっと体力つけてからね・・・)
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-12 00:15 | '06夏 南ア 荒川三山

3日目の御来光!

d0063060_21481742.jpg

4:40 テントを飛び出して小屋前のテラスまでダッシュ!!

ま、間に合いました!

富士山、でっかーい!
キレーィ!!
生きててヨカッタ~~~!

(手前の木が邪魔な気もしますが・・・笑)
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-07 21:51 | '06夏 南ア 荒川三山
今日はコースタイム約5時間の、荒川小屋までの予定。
d0063060_23204679.jpg

↑シナノキンバイ

9:30 千枚小屋発
朝から天気が悪く、なかなか出掛ける気になれなかったけど(^^;
小屋番さんには、
「危ないと思ったら引き返して!こんな天気ならヘリを飛ばす(=救助)のは無理だ!」と言われての出発となる

10:30頃 千枚岳(標高2880m)着
風雨で展望は全く利かず、写真もございません!

その後、予定通りのコースを進もうと試みたけど、
風雨&ガスにより、視界は20mくらいなので、千枚小屋に引き返すことに。

11:00 千枚小屋 再び着
テントの受付後は、小屋で休憩させてもらった
昼食をとり、本を読んだりしてまったりと過ごす
小屋番さんとの話が楽しかった

15:30 小屋付近の散策
雨が上がった!
写真を撮る♪
d0063060_2324678.jpg

↑クルマユリと千枚小屋
d0063060_2325578.jpg

↑タカネグンナイフウロ
d0063060_23255497.jpg

空が焼けてキタ~~~~~!!!
明日の天気に期待を持って寝る!!!(=_=)


今日の出費 テント泊代 600円
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-05 23:27 | '06夏 南ア 荒川三山

鍋を拭く

d0063060_23301674.jpg

「ま、どうせ次に使うのも自分だし。」とテキトーに?拭いています・・・笑

初日は、本当に蟹が入っているのか?ちょっとアヤシイ蟹雑炊と、
スパゲティを食べました
雑炊のワカメと塩っぽさが、すごい体に染み渡った~ウマイ♪

天気予報を見たけど、良くない予報だった
小屋番さんがギターを弾いて、小屋泊まりのお客さんたち(10人くらい)も楽しそう!

とてもアットホームな感じの小屋!
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-04 23:33 | '06夏 南ア 荒川三山
今年の夏は、南ア 荒川岳~赤石岳~聖岳に決定!
7月下旬だとゆーのに、梅雨も明けないまま、出発の日が来てしまった

8:00 畑薙P発 東海フォレスト送迎バスにて、椹島まで。
乗る時に、3000円を支払う
この領収証が、東海フォレスト経営の山小屋利用券となる
要は、徒歩往復10時間の道のりを、バス(往復2時間)で送迎してあげるから、
ウチの経営する山小屋を最低1泊は利用してね!ってこと。(素泊まり可)

時間がない(体力も無い!)私としては、迷うことなくバスに乗る!笑

9:00 椹島着 水補給。
9:30 椹島を出発!(標高約1100m)
樹林帯をひたすら登る。朝から雨で、カッパ着用

昼前に雨が止む


14:20 千枚小屋まであと3時間
d0063060_1834085.jpg

まだまだ樹林帯。
雰囲気としては、三瓶山の北の原や、西の原ってカンジ。
d0063060_18353756.jpg

全く展望が利かず、歩けど歩けど景色が同じ^^;


16:00 千枚小屋まであと1時間
d0063060_18381222.jpg

なのに、やっぱり景色が変わらん!
d0063060_18394598.jpg

ただ、小屋が近づくに連れ、道幅が狭くなり傾斜もちょっと急になっていく
「あと1時間」と言われると、ペースが落ちてしまうのであった・・・ナンデ?


17:00 今日の目的地 千枚小屋到着!!(標高約2600m)
d0063060_1845770.jpg

ドド~~~~~ン!
キレイな小屋だ~~~!!
d0063060_18482964.jpg

うっすらと富士山が見えてるんだけど・・・分かる?
この千枚小屋は標高2600m付近かと思うけど、こんなに木々が生えています!
これは北アではあり得ないことで、「森林限界」って点から見ても全く違うんだなぁと常に感じました

コースタイム7時間のところを7.5時間要してしまった
さらに疲れていたので、初日ではあったが早速宿泊券を使い、素泊まりさせてもらうことに。

小屋ではお茶をいただいた
すご~く温まった~~~!感謝!
泊まった小屋は貸し切り状態!キレイな小屋でサイコー!

今日の出費 素泊まり料金4000円(バス乗車券代3000円含む)
(寝具(シュラフ等)持ち込みで素泊まり料金から、-500円!)
[PR]
by pole2hiyoko | 2006-08-02 18:59 | '06夏 南ア 荒川三山